妊婦さんに便秘が多い理由|腸内環境を良くしよう

女性

早めに対処して治す

笑顔のウーマン

もともと女性には便秘がちの人は多いですが、妊娠すると更に症状が悪化する人が多いです。妊婦でも便秘薬は飲むことができるので、医師に処方してもらいます。薬に頼るだけではなく、食物繊維や乳酸菌が豊富な食品を摂取するようにすると、更に効果があります。

View Detail

効果的な物質

妊婦

妊婦の女性は便秘になりやすくなります。そのため、食事療法によって便秘を解消することが重要になってきます。便を押し出す力を強くする食物繊維や、腸内環境を改善できる乳酸菌やオリゴ糖などを摂取することです。

View Detail

妊娠中の体の変化

妊婦

妊娠したら知っておくとよい情報は、妊婦は様々な要因によって便秘になりやすいということです。そして一般的な便秘と異なるのは、便秘薬の使用も可能ですが漢方や食べ物などによって解消することができるということです。

View Detail

お腹に赤ちゃんがいる人へ

お腹

お腹に赤ちゃんができると、つわりが起こるなど体調面で色々な変化が有ります。その中でも妊婦が一番悩むのが、便秘です。妊娠すると、以前よりも便がでにくくなったと感じる方は多いです。その理由は、妊娠によって体内で黄体ホルモンの分泌量が増えるからです。というのも、お腹の赤ちゃんを守るためには、多くの水分を体内に蓄えることが大事です。そこで黄体ホルモンは、大腸からたくさんの水分を体内に吸収させていきます。すると腸内の水分が減り、便が硬くなることで便秘になりやすくなります。その他にも、出産や育児への不安で感じるストレスも妊婦の便秘の原因です。人間は多大なストレスを感じると、自律神経に異常をきたします。正常な排便を促す腸の蠕動運動は、自律神経のうちの1つです。その機能が乱れる事で、便秘になるというわけです。

妊婦が妊娠時に引き起こされる便秘を解消するには、積極的に乳酸菌を摂取する事が大事です。ヨーグルトなどの乳酸菌には、腸内に入ると腸の蠕動運動を活発にする作用があります。また、腸内を酸性にして、悪玉菌を撃退する機能も有ります。そのためこれらを妊婦が積極的に摂る事で、便通を促進して便秘を解消できます。またヨーグルトから乳酸菌を摂る際は、なるべくオリゴ糖と一緒に食べると良いです。というのも、オリゴ糖は善玉菌の餌となるので、腸内環境がより良くなるからです。ハチミツとヨーグルトと混ぜて食べる事で、より効果を実感できます。その他にも、乳酸菌はサプリメントで摂取しても大丈夫です。食事前の空腹時に飲む事で、成分が吸収されてより効果があります。